留学生を採用する際に気をつけること

求人募集をした際に、外国人の留学生を採用する場合、気をつけなければならないことがあります。まず、外国人留学生というものは、日本に滞在許可を受けるためのビザの発行理由として、留学つまり学生として滞在しているという事実がありますので、求人募集をして採用する際には、労働する期間について注意する必要があります。

つまり、外国人留学生は勉強するためにビザを発行しているわけですから、そもそも日本で働くことができないわけです。しかし、期間によってはアルバイトなどとして採用できることがありますので、外国人留学生を採用する際は、日本での滞在期間を確認するということが必要になってきます。

求人募集をして、外国人留学生を採用することになった場合、採用する時点で日本での滞在許可証などを確認することが大切ですが、雇用形態に関しましても、長期間は働かせることができませんので、この点を注意しなければなりません。このようなことに注意するためには、求人募集をする時点で、雇用内容について詳しく記載された求人情報を出すということのほかにも、外国人留学生を採用するときに雇用契約書をきちんと交わすということが大事になってきます。

外国人留学生を採用したあとでいちばん多いトラブルとしてあげられますのが、滞在期間が過ぎてしまったあとも雇用を継続していたというケースです。これは明らかに法律違反ですから、外国人留学生を雇用する側は、事前に確認するということがポイントです。このようなトラブルを避けるためにも、求人募集をするときに、滞在許可証の提示が条件などの記載をすることが大切です。

いずれにしましても、学生という身分で滞在許可がおりている場合は、ビザなどを前もって確認するということがトラブル回避の方法になります。なお、求人募集をしたときにきちんとパスポートなどで本人確認をするということも重要になってくることは言うまでもありません。